事前にシミュレーションで二重になった自分自身の顔を見てから決めましょう。

MENU

二重施術が合う人・合わない人

二重が可愛いとされる風潮があるので、妄信的に二重にしようと思っている人が居ます。
しかし、まぶたには平行型や末広型があり、他にも奥二重などがあるのです。

 

顔の形も重要で、はっきり言ってしまうと二重が似合わない人も一定数は存在します。

 

二重にすればすべての希望が叶う訳では無いので注意しなければなりません。
この問題を回避するには事前にシミュレーションで二重になった自分自身の顔を見てみることです。
最近はCG技術が発達しており、写真から二重まぶたにした状態を簡単に作れるのです。

 

二重施術が合う人、合わない人の特徴を詳しく紹介したいと思います。

 

 

二重施術が合う人

大抵の人はこちらに分類されており、自然な一重まぶたであれば二重にしても映えるでしょう。
平行型のまぶたであっても末広型であっても、その人に合う二重は作れるのです。
顔の輪郭や雰囲気、瞳の大きさなども二重を形作るのに重要な要素です。

 

二重の施術が合う人は、両側の目のバランスが取れており皮下脂肪が少ない場合です。
こうした状態だと綺麗な二重が作れるので仕上がりがとても美しくなるでしょう。

 

二重施術が合わない人

普段からやる気が無さそう、無気力そうと言われる人相の人は注意です。そうした印象を持たれる人は二重施術を受けると、眠そうにしている、よりやる気が無くなったように見えかねません。

 

二重は目をパッチリさせて明るい可愛い印象を与えるとされています。
しかし、二重の幅や施術の内容によっては明るさや可愛さとはかけ離れた二重になってしまうのです。
そうした際に下垂手術をすればある程度の気だるさは緩和出来ますが、正直似合わない確率もあります。

 

まぶたの皮膚に厚みがあり過ぎる場合も施術が難しくなって来ます。
皮下脂肪で厚みがあればあるほど、二重を作るのは困難になるのです。
無理に二重を作ろうとすると歪みで違和感のあるまぶたになる恐れがあるので止めましょう。

 

 

二重にすると違和感がある?

二重にすると普段見慣れている自分の顔では無くなります。
そうなると誰もが必ず違和感を感じてしまいます。

 

CGで二重になった自分を見てがっかりする人も少なくありません。
これは見慣れているか、見慣れていないかの違いでしかないのです。
しばらくすれば自然と受け入れられるようになりますし、二重まぶたが誇らしくもなって来るでしょう。

 

二重施術が合う、合わないという状況は少なからずありますが、あまり気にしないのが良いです。
美容クリニックに行ってCGでシミュレーションしたならば、ほぼその通りの仕上がりになります。そこで自分に二重が合うかどうかを決めれば問題無いでしょう。