日本人の10人中7人は一重まぶたであり、二重まぶたの人の割合が少ないです。

MENU

日本人の一重の割合

日本人の一重の割合がどのぐらいか知っているでしょうか?
二重に憧れるエピソードはいくつも聞きますが、世の中の多くは一重なのか疑問に思うこともあるでしょう。

 

プチ整形やアイプチが流行するのにはそれなりの訳があったのです。
その理由こそが日本人の一重と二重の割合に隠されていると言えます。

 

秘密に1つに触れるとすれば、二重まぶたに憧れるのは一重が少数派だからなのです。

 

さらにここでは、一重と二重まぶたはどのように決まるのかも紹介したいと思います。
何が決め手でまぶたの形が変わるのか、その仕組みやメカニズムにも迫ります。

 

一重と二重の割合は?

 

 

日本人の7割は一重

男性も女性も、全体の7割は一重という調査結果が出ています。
美容クリニックでお馴染みの高須クリニックの医師も同様の発言をしているのです。

 

つまり、10人中7人は一重まぶたであり、二重まぶたを持っている人はとても少ないのが分かるでしょう。

 

こうした一部の人だけが持つ二重まぶたには、目をパッチリさせて可愛らしい印象を持たせる効果があります。
可愛いは日本人の3割に集約しているとも考えられます。
少し極端な話になりますが、一部の人しか持っていない二重まぶただからこそ、そこに憧れが生まれるのです。

 

また、黒人であればほぼ全員が二重まぶたになっているようです。
アラブやインドの方の遺伝子を持つ人も二重まぶたが基本になっており、みんな目がパッチリしています。
逆に一重が多いのは日本を始め、韓国や中国、モンゴル辺りが該当します。
これらは遺伝子の差が原因で、まぶたの皮膚が厚いかどうかに起因します。

 

ともあれ、日本人の7割は一重まぶたなのを覚えておきましょう。
周りの女性が全員二重まぶたであるなら、それは整形やアイプチで作られたものかもしれません。

 

 

二重まぶたになる仕組み

一重になるか二重になるかは、まぶたの皮膚の厚みや皮下脂肪が関係してきます。

 

さらに詳細な仕組みに触れると、眼窩内脂肪や眼輪筋下脂肪組織が発達しているかも重要です。

 

もっと簡単にまとめると、まぶたの皮膚が厚くなる遺伝子を持つ日本人は自然と一重になるということです。
両親が一重まぶたであっても、子供が二重になるケースはあります。
その逆もあるので、こればかりは遺伝子のイタズラと考えるしか無いでしょう。

 

二重まぶたは皮膚の厚さや皮下脂肪が関係していますが、痩せれば二重になる訳ではありません。
下手に素人が独自の手法で二重を作ろうとするのは危険です。
市販されている美容グッズや信頼出来る美容クリニックで診察を受けましょう。
そうでなければ、可愛い二重まぶたを手に入れることは難しいのです。