プチ整形であれば数日のダウンタイムで済み、翌日からメイクをして外出する人もいます。

MENU

プチ整形

二重まぶたを手に入れる際に、仕上がりと手軽さを考えるならプチ整形の解決法があります。通常の整形と比べると非常に安価であり、仕上がりはアイプチなどよりも確実な効果が出ます。

 

日本人女性の10人に1人が美容整形を行う時代では、プチ整形で二重を手に入れるのは何ら不自然なことではありません。
一重にコンプレックスを持っているなら、勇気出してプチ整形を考えてみましょう。

プチ整形イメージ画像

 

腫れや内出血のダウンタイムが少ないため、働きながらでもプチ整形は受けられます。

 

どのような手段があるのか知り、美しくなるための選択肢の多さを把握してみましょう。

 

 

埋没法によるプチ整形

一般的なのはまぶたに糸を縫い付けて皮を埋没させる方法です。
手術用の丈夫な糸が使われますし衛生的にも問題はありません。
極めて細い糸なので目で見ても視認できることはほぼ無いでしょう。

 

メリット

埋没法によるプチ整形のメリットは、手軽に低価格で行える点にあります。
手術時間はたったの30分なので、仕事帰りや休日に気軽に受けられるでしょう。
費用も5万から10万程度でそこまで大きな負担にはなりません。
通常の整形では2週間程度のダウンタイムが必要ですが、プチ整形であれば数日で済みます。
翌日から化粧をして外出できるようになる人も居るのです。

 

デメリット

次はデメリットについても触れておきたいと思います。
一番困るのは糸が外れてしまうリスクがあることです。
あまりにも強くまぶたを擦ると埋没法の糸が外れてしまう、あるいは切れてしまう問題が発生します。また、糸がずれて不自然な二重が出来上がるケースもあるので気を付けたいです。

 

元に戻したいと思っても、再度手術を受けなければいけないのも覚えておきたい情報です。

 

総合的に見れば理想の二重まぶたが永続的に作れるので、プチ整形する価値は十分にあります。
利用者のことを第一に考えてくれる美容クリニックを見つけて、憧れの二重まぶたを手に入れましょう。

 

 

埋没法以外の方法

時々ではありますが、糸による埋没法でうまく二重まぶたにならない人が居ます。こうした場合は別のプチ整形を試す必要があるでしょう。

 

糸の結び方を工夫した施術だと、費用は高くなりますが一重まぶたに戻る心配がほぼ無くなります。

 

このプチ整形は糸の結び方や通し方を従来のやり方とは変えており、画期的な埋没法と言われています。
湘南美容外科では、フォーエバー二重術として紹介しているプチ整形です。

 

埋没法が失敗した、アイテープが合わない、そうした人は別のプチ整形を行ってみましょう。
美容クリニックを受診すれば様々な選択肢を提示してくれるので、一度カウンセリングを受けてみるのも良いです。