女性らしさの象徴であるからこそ、世の女性は涙袋を意図的に作り出そうとしています。

MENU

涙袋

近年、涙袋を作ろうとしている人が増えています。
涙袋と聞いてもどこか分からない人も多いでしょう。

 

涙袋とは、目の下のちょっとしたふくらみの部分を差します。

 

寝不足の時にクマが出来る下辺りを思い浮かべてもらうのが一番です。
ここは女性ホルモンの分泌量が影響することから、フェロモンタンク、ホルモンタンクとも呼ばれる部分になっています。

 

そんな涙袋を作ろうとする人が増えている理由は何なのでしょうか?
何が女性達に涙袋を作らせる動機となるのか、その真実と魅力を解説したいと思います。

 

 

涙袋は女性らしさの象徴

涙袋がある女性は非常に魅力的に映り、女性らしい可愛さを相手に持たせます。

 

芸能人で例えると、佐々木希さん、石原さとみさん、綾瀬はるかさん、矢口真里さんなどが挙げられます。

 

機会があれば目の下部分に注目してみると良いでしょう。
特に目立っているように感じないかもしれませんが、このさりげない涙袋が可愛らしさを本能へ訴えかけるのです。

 

涙袋をフェロモンタンク、ホルモンタンクと呼ぶのには諸説ありますが、人相学が関係している説が有力です。
一種の占いのようなものなのですが、男性にモテる、結婚がうまく行く、子供に恵まれることから涙袋は女性らしさに繋がっています。
頬っぺたの上辺りがほんのちょっとふっくらしているだけで見た目は大きく変わります。

 

女性らしさの象徴であるからこそ、世の女性は涙袋を意図的に作り出そうとしているのです。魅力的に映るのが判明し、世に広まったからこそ涙袋が注目されています。

 

 

涙袋の作り方

涙袋を作るのはとても簡単です。

 

メイクで目の下の部分に明るめのベージュやアイシャドウを入れれば完成

 

ほんの少しふっくらさせるのがポイントなので、過度のやり過ぎは禁物です。
やり過ぎると太って見えてしまうので鏡を見ながらバランスを取りましょう。

 

筋トレする方法もあり、これは涙袋が筋肉に関係しているからです。

口角を上げる笑顔を作り、そして目を思いっきり開いて数秒止める、それを繰り返すと涙袋が強調されるようになります。

女性ホルモンのバランスも大事なので、食生活や適度な運動を取り入れるのも効果的です。

 

こうしたものは一朝一夕で得られるものではないので、気長に努力を続けるのがポイントです。

 

ヒアルロン酸注入イメージ画像

プチ整形でヒアルロン酸を注入する方法もありますが、こちらはおすすめしません。
不自然な涙袋は可愛く見えませんし、顔のバランスと合わなくなるリスクの方が高いです。

 

涙袋を作るのであればメイクで常に最適な状態を作れるようにしておくのが良いでしょう。

 

 

涙袋を作る人は増えているので、まだ試したことが無い人は化粧で作ってみてはいかがでしょうか?