アイプチ、メザイクどちらを使うかは自身の目の形にもよるので、試行錯誤して選びましょう。

MENU

アイプチ・メザイク

二重まぶたを作る方法の中で、最も利用されているのがアイプチやメザイクなどの化粧品です。
プチ整形は抵抗を持つ人も多いので利用数はまだまだ少ないです。

 

そうした中で、抵抗なく使えるのがアイプチやメザイクです。
医療行為ではなく低価格で使えるため、中高生から年配の女性まで幅広く愛されています。
最早、現代の日本にとってアイプチとメザイクは欠かせない存在とも言えます。

 

アイプチやメザイクがどのような効果をもたらすのかは多くの女性が知っていることでしょう。そのため、アイプチとメザイクならどちらの方がメリットがあるかの視点でまとめたいと思います。

 

 

アイプチによる解決法

アイプチはノリや接着剤などでまぶたをくっつけて二重を作る方法です。最初はやりにくくて失敗した経験があるかもしれませんが、慣れて来ると自然な仕上がりに出来るようになります。

 

上手に二重を作る方法

まずはまぶたの汚れや油分を拭き取っておくことです。
その後、二重を作るラインをしっかりと決めましょう。
慣れない内は実際にラインを書いてしまうのも良いです。
二重ラインが決まったらアイプチを半月型に薄く塗ってみましょう。
乾いたらプッシャーを軽く押し当てて、ゆっくりと静かに外します。

 

アイプチを行う化粧品は1000円程度で買えるので費用も安めです。
ここまでメリットしかありませんでしたが、次はデメリットに触れておきましょう。

アイプチイメージ

 

アイプチを続けているとまぶたの皮膚が伸びてしまい、通常時は余計に一重まぶたが目立つようになる恐れがあります。
人によりますが、そうしたリスクがあることを覚えておきましょう。
他には、初心者は使いにくいというデメリットも存在します。

 

アイプチを使えば簡単に二重を作れますが、こうしたメリットとデメリットがあることを忘れないでください。

 

 

メザイクによる解決法

アイプチはノリでくっつけますが、メザイクはテープで二重を作ります。
テープなので張り付ければ良いだけと思うでしょうが、実はアイプチよりも難しいです。

 

最終的な仕上がりを比べるとザイクの方が目立たないのでおすすめですが、慣れるまでに時間が必要です。
メイクで馴染ませることも出来るので、極めてナチュラルな仕上がりが実現するでしょう。

 

まぶたをノリでくっつけないので皮膚が伸びる心配が無いのは強みです。
しかし、テープなので激しい運動や汗などで取れやすいという難点もあります。

 

メザイクイメージ

費用は1000円前後で、アイプチとほぼ変わらない金額で売られています。

 

アイプチよりもきれいな仕上がりになるメザイクですが、扱いが難しくデメリットが多いです。
どちらを使うかは自身の目の形にもよるので、いろいろ試行錯誤して選んでみましょう。