まぶたや目元を染色するので、化粧を落としても魅力的な状態を維持できるようになります。

MENU

アートメイク

アートメイクを利用して目をパッチリ見せる方法も存在しています。
あまり聞き馴染みが無い人も居るかもしれませんので、アートメイクについても紹介します。

 

ちなみに、すっぴんに自信が無い人にもアートメイクはおすすめ出来ます。
皮膚の上にメイクをするのが普通ですが、アートメイクは皮膚の下に染色する方法です。

アートメイクイメージ画像

 

つまり化粧を落としてもアートメイクの効果は持続するのです。

 

そうしたアートメイクで目をパッチリ見せる方法がどのようなものか見てみましょう。

 

 

アートメイクって何?

アートメイクとは、簡単に言うと落ちないメイクです。
専用の針を使って皮膚を染色し、メイクよりもナチュラルな仕上がりにする方法です。刺青を連想するかもしれませんが、アートメイクはそれとは別物になります。
色は数年で落ちますし、痛みがほとんどないのも特徴です。

 

毎日化粧をするのが大変、そんな人に好まれるのがアートメイクです。
皮膚に直接染色しているので化粧に掛ける時間が短縮出来ます。

 

また、すっぴんに自信が無い人がアートメイクを利用するケースもあります。
化粧を落としてもアートメイクによって魅力が底上げされているので、自分に自信を持てるきっかけになるでしょう。
水で落ちないのでプールやお風呂、海水浴でメイク落ちをまったく気にしなくて良いです。様々な点でメリットがあるのがアートメイクなのです。

 

 

アートメイクで目をパッチリにする

方法はシンプルで、アイラインなどをアートメイクで行ってしまえば良いのです。

具体的にはまぶたや目元を染色して、化粧を落とした状態でも魅力的な状態を維持できるようになります。

化粧を落とした状態で魅力的に見えるのですから、メイクを施せばさらに可愛らしさと美しさがアップします。

 

まつ毛の隙間を埋めたり、アイラインを入れたりして行くと驚くほど印象が変わります。化粧に掛ける時間が少なくなるだけで、日々の過ごし方は大きく変わるでしょう。

 

デメリットにも触れてみたいと思います。

まず、アートメイクで染色するのは非常に簡単ですが、色を抜くのは極めて大変です。
レーザー治療などで抜くことは可能ですが、高額な施術費用や時間が掛かってしまうでしょう。
ただし、数年経てば色は完全に抜けてしまいます。
ここは刺青と異なる部分であり、アートメイクの特徴となります。

 

アートメイクはまだまだマイナーな部類ですが、欧米では広く認知されている方法です。
抵抗がある人は無理に利用する必要はありませんが、こうした方法があるのも覚えておくと良いでしょう。
美しくなる、可愛くなる選択肢は無数に存在しているのです。